産後太りとはどんなこと?

女性は妊娠期間中に体が太った際に、子供を出産した後も太っている場合があります。

変わってしまった体が太る前のような状態にしようと、様々な方法を試している女性もいると思います。

今回は、産後太りの理由を紹介します。

スポンサードリンク

産後太りの理由

それでは、産後太りにはどんな理由があるのでしょうか。

日頃から食べている食事

例えば、育児のストレスを食事で発散していたら、明らかにカロリーオーバーになっていた事態もあるかも知れません。

この食事に関してはカロリーだけではなく、その栄養バランスや食事をする時間などにも気を付ける事が大事です。もし、産後太りが気になっている方で食生活が荒れているなら、今後は改善していくと良いです。

出産後の骨盤

出産後に女性は骨盤にその影響が残って歪んでいる事があり、それが産後太りの理由となる場合などもあります。

骨盤がこのような状態になっていると産後太り以外にも、腰痛・便秘などの影響を招く事が考えられます。よって、出産後に骨盤の矯正をするのも対策の1つです。

ただ、骨盤を矯正するなら出産後の2、3ヵ月から半年位のタイミングで実施すると良いと言われています。この頃だと育児や家事などで骨盤矯正までは気が回らないかも知れませんが念頭に置いておくといいです。

この骨盤を矯正する為の手段の例としては、整形外科に通う・骨盤ベルトを着用するなどが挙げられます。

運動量の低下

更に、子供を出産した後は適切な量の運動をするのは難しい場合もあります。育児が大変で運動している時間があったら、眠っていたいと思う女性もいるかも知れません。

ただ、妊娠期間中と出産後に運動量が低下する事で基礎代謝も悪化して太りやすくなる場合も考えられるのです。最後に、産後太りがショックで慌てて解消しようと考えている方もいるかも知れません。しかし、それによって体を傷付ける結果になるのは避けるようにしましょう。

産後太りの場合だけではなく、無理な減量は体に負担を掛ける事もあります。

スポンサードリンク