出産が終わり体の負担も軽くなるかと思いきや、突然の『腰痛』に悩んでいたりしませんか?

産後の腰痛は良く聞きますが、なぜ起こるのかはあまり知られてはいません。原因がわかれば、その原因を取り除いたり気を付けたりと生活の中で改善することも出来ます。

今回はこの産後になりがちな『腰痛』の原因についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

【1. 知っておきたい!産後の腰痛その原因】

 

妊娠中にお腹を支えるために反り腰になっていたり、分娩時に緩んだじん帯や筋肉の影響で、骨盤が元の位置に戻っていないために腰に負担がかかり、痛みを伴うことがあります。

また、育児が始まればどんどん育ち大きくなっていく子供を抱っこしたりおんぶしたりしても腰に負担がかかります。それを改善させる時間を取れないことも、腰痛を悪化させる原因の一つです。

【2. 簡単!産後の腰痛改善】

 

○産褥ベルトの活用

産褥ベルトは産後すぐに使える物から、産後の回復具合に応じて使うことを奨めている商品があります。産褥ベルトは骨盤を引き締めてもとの位置に戻す働きをサポートをしてくれるため、産後体型をしっかり戻したい人は使うことをオススメします。

また、腰への負担も軽減できるため腰痛予防や悪化防止にも役立ちます。

○寝方を改善する

腰痛も体が冷えると痛みを感じやすく、逆に温めると改善します。

このことからも、寝る前にお風呂などで身体を温めて血行を良くしておく事で腰痛改善にも役立ちます。湯船の中で軽くストレッチしてみても効果が上がりそうです。

○授乳クッションの活用

育児中は授乳時にも腰に負担をかけています。抱き上げておっぱいを飲ませるにしても膝に乗せてあげるにしても、腰や肩に負担をかけてしまいます。

これを改善するのが『授乳クッション』です。授乳クッションは膝に乗せて赤ちゃんをその上に乗せます。こうすることで位置が高くなり、腰を丸めながらしていた授乳が改善されて腰への負担が軽減します。

スポンサードリンク

【3. 病気が原因で起こる腰痛】

 

産後に痛む腰痛を『産後だから仕方ない』と安易に考ええいてはいけません。腰痛にも産後とは関係ない病気が隠されていることもあります。・慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・尿路結石・子宮筋腫・卵巣嚢腫・胸部大動脈瘤など病気が原因となり、腰痛を引き起こしている場合もあるのです。

腰痛もいつもと違っていたり痛みがひどい時には一度病院を受診するように心掛けましょう。

【4. まとめ】

出産はやはり身体に多大な負担を強いることなのです。関節が緩み骨格が変形して出産に至りますが、その後元に戻るために身体は作用します。

この戻る時に補助や手助けがあると腰痛などの辛い症状を緩和したり改善したり出来るようになります。腰痛の原因を知って自分に合う改善法を見つけて下さい。

スポンサードリンク