一人目の子との年の差なども考えて、そろそろ二人目が欲しいなーと思っているのに、なかなか出来ないと悩んでいる方へ!

 

『二人目不妊の原因が産後太り』だと言う情報について、その理由と対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

2人目を目指すなら産後太りを解消

一人目を出産後から体重が戻っていなかったり、逆に増えてしまっていたりするママも多いはず。

でも、二人目の妊娠を目指すなら、まずは産後太りを解消した方が良いかも知れません。

その理由と対処法を分かりやすくお伝えしていきます。

【1. 産後太りが不妊の理由】

 

<排卵が不安定になりがち>

産後太りが解消されにくい人は、ホルモンバランスが崩れていたり精神的にストレスを溜めていたりする傾向があります。

排卵は女性ホルモンや精神的な影響を受けやすく体調の変化で一番初めに不調が現れる所です。定期的な排卵が行われなかったり、月経異常があったりすると妊娠の確率を下げてしまいます。排卵を一定に保つためには、体調を安定させることが大切です。

<身体が冷えやすい>

産後太りで身体に余分な脂肪が多くある場合、血液の循環が悪くなり体が冷えやすくなっています。身体が冷えると脳が『生命の危機』を感じ、内臓に血液を集中させるように指令を出します。そして、自分を生かすことを最優先にするため、子孫を残すためだけの生殖機能は活動を最小限に抑えてしまいます。このような理由で不妊が起こるのであれば納得できます。

スポンサードリンク

【2. 二人目不妊の対処法】

 

<産後太りを解消>

やはり二人目妊娠への近道は、産後太りの解消です。

食事療法だったり運動などを行っていくうちに、体調が改善され基礎体温なども上がってくるようになると、排卵自体も定期的に起こるようになり、質の良い卵子が排卵されるようになります。

こうなれば妊娠の確率もグッと上がってきます。

<健康的な身体と生活の維持>

排卵を改善するためにはある程度の期間が必要です。体調が戻ってすぐに排卵にも作用するわけではありません。健康的なまま妊娠を10ヶ月間維持できる体にならなければいけません。なので、改善できたらその生活と体調の維持を心掛ける必要があります。

【3. 他にもあった妊活術】

 

他にも排卵の時期を体温から予測する方法(基礎体温)や排卵を特定するための検査薬なども市販されています。

スマホのアプリなどでも前月生理開始日と周期などから排卵予定日を割り出してくれるものもあります。現代では妊娠するためのこのような活動を『妊活』と呼んでいます。

【4. まとめ】

産後太りが二人目不妊の原因の一つにもなっていた事は意外だったかも知れません。しかし、妊娠から出産まで赤ちゃんをお腹の中で守るためには、ママの健康を最優先で考えなければいけません。今でも出産が命掛けなのは変わらないからです。産後太りを解消して少しでもリスクを少なく出来るように、正しい妊活を行いましょう。

スポンサードリンク