妊娠中はお腹が大きくなるためにオシャレもあまり出来ませんが、出産したら色々とオシャレしようと思っているママもいますよね?

でも、現実はそう上手くいかないものです。

産後は『産後太り』や『体型の崩れ』と戦わなければいけません。産後すぐ妊娠前の体に戻る訳ではないので、崩れたスタイルを戻すことが必要になります。

でも、戻している期間の服装って困りますよね。産後太りをどうにか隠したいと思うのは、産後ママの共通の悩みではないでしょうか。
そこで、産後太り中でも目立たないオススメの服装をご紹介します。

スポンサードリンク

【1. 産後太りの体型ってどんな感じ?】

産後太りとは、産後体型が崩れたり体重が落ちなかったりする状態を言います。

産後太りに多い体系が、お腹のたるみや脂肪による膨らみ、下半身太りやお尻の巨大化など女性には嬉しくないものばかりです。

足が太くなってしまったり、身体のシルエットなどが凸凹になってしまいます。すぐに体重が戻せたり、体型を引き締めたりできる人は良いですが、そんな人ばかりではありません。

【2. 産後太りを目立たせないオススメの服装】

<1>長めのワンピは体型隠しに最適

 

産後一番気になるお腹周りを違和感なくカバーすることが出来ます。ちょっとしたお出かけなどにはオシャレにコーディネートできる組み合わせです。

<2>緩めの服で体型崩れをカバー

 

上下でゆったりした服装なので、身体のラインが分かりにくいため産後に着れるアイテムとして一つは欲しいところです。

<3>お腹のラインを隠して引き締め効果UP

 

細身のストレッチジーンズなどは体型に合わせてくれるので、産後に履いていても負担が少なくスリムに見え、他の服に合わせやすいのが特徴です。

 

おすすめ洋服ショップ

産後も着れておしゃれでかわいい!

プチプラウェア 【CHOCOA(チョコア)】
↓ ↓ ↓ ↓



【3. 服装選びのポイント】

○色にメリハリをつける。

白×黒、白×青、赤×黒のように明暗をはっきりさせることで暗い色が引き締め効果を発揮してくれます。

○シルエットをぼかす。

産後は体型が気になってしまうため、これを隠す一番の近道は大きめの服をゆったりと着ることです。

○Vネックは強い味方。

Vネックは胸元をスッキリ見せてくれるので、着やせ効果抜群です。ゆったりめのものをチョイスすれば体型は気になりません。

○袖や裾は広めの物がGOOD。

袖や裾が広くなっていると、腕や足が細く見える「細見え効果」を発揮します。また、手足が長く見えるのもオススメポイントです。

○ストレッチ素材を選ぶ。

産後は身体を締める必要がありますが、締めすぎてもいけません。ストレッチ素材はちょうど良い引き締め効果と伸縮性に優れているため、産後の服選びには取り入れたいアイテムです。

【4. まとめ】

参考になる服装選びのポイントは見つかりましたか?ワンポイント気を付けるだけで、気になる産後の体型をカバーできるのは知らなきゃ損ですね。
自分に似合う色の組み合わせや、素材、シルエットなどを取り入れて産後の体型戻しを頑張りましょう。

スポンサードリンク